岡山千鳥福祉会
紅陽台ちどり保育園

TEL.086-362-2241 FAX.086-362-2242

園だより
給食だより
お問い合わせ
採用情報
園庭開放

〒709-1203 岡山市南区西紅陽台3-1-116

クラス活動日記

2019年5月10日 おすもう大会 -1、2歳児-

1、2歳児クラスでおすもう大会が行われました。
少し前から「れんしゅう相撲」をしており、今日の大会をこどもたちはとても楽しみにしていました。
こどもたち同士の取り組みと、あしがらやまの「くまさん」との取り組みがありました。残念ながらくまさんには勝てなかったようですが、「はっけよいのこった」の仕切りで応援隊のこどもたちから「がんばれがんばれ!」の声援で盛り上がりました。

IMG_1263 IMG_1264 IMG_1272

2019年5月10日 キッズ運動あそび

玉野市から3人の指導員の方が来られ、4,5歳児が運動遊びをしました。
準備運動ではスキップ、片足ジャンプ、足を使ったじゃんけんなどをし体をほぐしました。そのあと、2人1組になってボールを持ち、お腹や背中、腕にボールを挟んで電車ごっこをしボールに親しみました。
5歳児はチームに分かれてゲームもし、プレイしている子は、応援する子どもたちからの大きな声援を受け、張り切っていました。
心地よい汗をたっぷりかき、楽しい時間を過ごせたようです。

IMG_0066 IMG_0075
IMG_0081 IMG_0085

2019年4月26日 こどもの日の集い

4月26日(金)、こどもの日の集いをしました。今年度初めて全クラスが遊戯室に集合しました。
園長先生のお話を聞いた後、こどもの日の由来を教えてもらったり、各クラスで作ったいろいろなこいのぼりを見ました。
そして4月生まれのこどもたちと保育士との相撲対決をし、会場は大盛り上がりでした。
最後はみんなで「こいのぼり」の歌を大きな声でうたいました。
こどもたちのこれからの健やかな成長を温かく見守っていきたいと思います。

IMG_0050 - コピー IMG_0052 IMG_0058

2019年4月25日 こいのぼりと一緒に泳いだよ!

園庭を泳いでいるこいのぼりを、こどもたちはじっと眺めていましたが、今日は自分たちでシールをはって作った手作りのこいのぼりを持ち、園庭を気持ちよく泳ぎました。
もうすぐこどもの日、みんなが元気に育ち、大きくなったことを喜び、これからの成長も見守っていきたいと思います。

IMG_0033 IMG_0034 IMG_0036

2019年4月19日 楽しそうに遊んでいます!

広い園庭をこいのぼりが気持ちよさそうに泳いでいます。
4月から入園したこどもや進級したこどもも、新しい生活に少しずつ慣れてきました。外に出ると、先生に手をつながれて歩いたり、ちどりの丘ですべり台をすべったりして楽しんでいます。

IMG_0020 IMG_0021

2019年4月4日 桜満開、春満開

今年はいつもになく、桜の開花が遅かったですが、見事に満開になりました。
桜並木まで散歩にでかけ、春の草花をみつけ、春を満喫して帰りました。

IMG_0014 IMG_0030 DSCF3126

2019年3月26日 お花見気分で・・・

桜の開花宣言もあり、気分はもうすっかり春です。
この気持ちのよい陽気に誘われて、ちどりの丘やプレイトップで「ランチタイム」です。
いつもおいしい給食ですが、より一層おいしく食べれたようです。

IMG_0001 IMG_0002
IMG_0007 IMG_0008

2019年3月1日 おひなまつり会

3月1日(金)、女の子のお祝い行事である【ひなまつり会】をしました。
園長先生からひなまつりの由来のお話を聞いた後、段飾りのおひなさまの説明をしてもらい、飾り物の名前を教えてもらいました。
また保育士がおひなさまになって寸劇をし、こどもたちから笑い声が聞こえ、楽しく見ることができました。
3月生まれの年長児もおひなさまの衣装を着て登場し、思い出に残る誕生日会になったようです。

IMG_0835 IMG_0839 IMG_0844

2019年2月9日 「菜の花」が咲きました!

2016年に国際宇宙ステーション「きぼう」に到達し、無重力体験をした「菜の花の種」が、保育園の花壇で花を咲かせました。
こどもたちが描いた絵もその時「きぼう」に届けられました。きぼうは肉眼でも見られることがあるようです。これを機に宇宙の存在を身近に感じてみたいですね。

IMG_0608 IMG_0606 IMG_0607

2019年2月1日 豆まき

2月1日(金)、豆まきをしました。豆まきといえば、鬼の登場ですね。
今年はいつもになく、リボンで衣装を装飾したかわいい赤鬼と青鬼が登場しました。そのせいか3,4,5歳児はほとんど泣く子がおらず、フレンドリーな鬼の仕草に気持ちも心も和らいだようです。
円の中にいる鬼に、新聞紙で作った豆を投げ、「鬼は外」をこどもたちが連呼し、邪気を払いました。みんなの心の中にいる鬼を追い出すことができたでしょうか?
その後は「赤鬼と青鬼のタンゴ」をみんなで踊り、途中手をつないだり握手をしたりして、より一層鬼と仲良くなれました。

IMG_3401 IMG_3404
IMG_3455 IMG_3480

閉じる